« 近況報告 | トップページ | 独ソ電撃戦と1942 »

DA16-45mm F4ED AL到着

 ペンタックスのデジタル一眼*ist Dを買ってはや1ヶ月が過ぎようとしている。コンパクトデジとは違いカメラ本来の難しさを痛感している次第ですが、中々どうしていい被写体というものに出会えないでいます。
 元々撮影はシミュレーションゲームの途中経過やプレーヤの表情を残すことが一番多い事は分かっていましたが、いい道具を仕入れるとやはりその他のものも撮ってみたいと欲張ってしまうようです。
 さて、我が家の*ist Dは当然部屋撮りを考えていたので明るくてマクロも撮れる標準ズームということでタムロンの28-75mm F/2.8XR Diを選択していたのですが、もう少し広角よりのものが欲しいと言うことで少し暗いですがF4通しのペンタックス純正のDA16-45を選びました。

【新品】PENTAX DA 16mm~45mm F4 ED AL_《カメラ専門店マップカメラならアフターケアも万全で...

 タムロンの28-75ではレンズが重いと感じることがありましたが、16-45はとても軽く感じます。好き嫌いが分かれると思いますがDAのエンブレムもポイント高いです。買う前から分かっていましたが、このレンズは全長がテレが最短で広角が最長となるのでズームリングは反時計回りに回します。
 距離リングを回すとオートフォーカスでピント合わせ後にもマニュアルでピントがあわせられるクイックシフトフォーカスシステムというものがあるせいか距離リングはスムーズで柔らかい。
 試しに色々撮ってみたがズームリングを回すと広角側に展開していくというのが面白くて同じような写真を何度も撮ってしまいました。ちなみにプロフィールの写真はこのレンズで撮ったものです。描写については今のところ慣れていないので何ともいえませんが、常用レンズとして今後とも活躍してくれるでしょう。
 余談ですが*ist Dはフィリピンでアッセンブルされていることは有名ですが、このDA16-45はベトナムと印刷されています。少し前のレンズはどうだったのか興味がわいてしまいました。

« 近況報告 | トップページ | 独ソ電撃戦と1942 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/723289

この記事へのトラックバック一覧です: DA16-45mm F4ED AL到着:

« 近況報告 | トップページ | 独ソ電撃戦と1942 »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ