« 次へ向けて | トップページ | 源平盛衰記(GJ)プレイ »

信長包囲戦(GJ)プレイ

 久しぶりのゲームだ。前投稿でどんなゲームをするか色々書いていたが、結局結論を見ないまま当日を迎えた。さすがにあれもこれも持って行くわけに行かないので
興味深いゲームを数点持って行くことにした。
 その中で最新号のゲームジャーナル誌は織田信長の包囲陣のゲームと源平もののキャンペーンゲームが2inゲームとして付録となっている。
  最近の日本史ゲームの出版攻勢とも言える状態は、ゲームジャーナル誌が同人誌時代よりがんばり続けたおかげで、その功績は大きいと思う。
 さて今回のゲームは信長の天正危機を扱うゲームで、そういえばゲームジャーナル誌の金字塔的作品となった「信長最大の危機」も同じ時代を扱っていた。同じテーマを扱うと言うことはそれなりに比較され批評されるものだ。
 今回の「信長包囲戦」は「信長最大の危機」と比べて何が違うのかというと、信長最大の危機がポイント・トゥ・ポイントであるのに対し、信長包囲戦はエリア式、信長最大の危機ではカードはイベントカードのみの機能だったが、信長包囲戦はカード・ドリブンとなっている。マップ、システムから大幅に代わっている本作は完全に別のゲームとなっている。

 さて今回はK氏が珍しく「武田信玄をやりたい。」とかワケのわからないことを言い出さず、「サイコロを振って陣営を決めよう。」と恐ろしくまっとうな紳士的な意見を言い出したので素直に従った。
 サイコロの結果K氏は信長陣営、筆者は反信長陣営となった。この割り振りは過去にプレイした「信長最大の危機」と同じだ。過去と同じようにこのゲームも信長の軍勢によって反信長陣営が踏みつぶされるかも?という懸念が頭をよぎる。
 恥ずかしながらカードドリブンのゲームは初めてだったりする。他にもカードドリブンのゲームは所有しているが、プレイとしては本作が初めてとなる。対戦相手のK氏も初めてで初心者同士のプレイだが結論として大変楽しめた。カードドリブンというシステムには一抹の胡散臭さを抱いていたが、それを払拭してくれた。
 プレイに話を戻そう。
 システムは両軍の補充から始まり、カード(支配する拠点の数分もらえる)をアクションに使用するかイベントに使用するかを決定し、パスが連続するかカードを使い切るかするまでターンが続く。
 両軍の特徴は織田軍は補充が多く、リーダーの能力は低いがカードイベントが強力であり、拠点数も多く持つのでカードも多くなりがち。
 反織田軍は序盤は戦力が弱体(三好、浅井、朝倉、本願寺)だが、ゲームの進行に伴って毛利、武田、上杉等という強力な軍勢が参戦する。リーダーの能力は高いが補充能力が低い。
 また中小勢力として徳川、松永、宇喜多が存在し、外交の動向によっては中立化したり参戦したりする。この辺は賛否両論あろうが面白い処理だと思う。
 さてさてプレイはいきなり織田軍のアグレッシブな行動から始まった。増援で増強された浅井長政に対し織田軍がいきなり侵攻!波状攻撃で浅井長政の近江北を蹂躙する。信長軍は反織田側と比べるとリーダーの能力値が劣るので、カードで能力を向上させてから戦闘するのが確実な戦勝を得る方法と言えるが、リーダーを限られるのがつらいところ。
 浅井朝倉はまとまって行動すべきと言いたいところだが、このゲームでは美濃と越前が通行可能なために圧力を掛け合うために動けなかった。姉川のようには再現できないが、一本調子にならないためには必要な事だったのかもしれない。
 開戦時の状況は織田側が山城を支配し、山城・伊賀・美濃・尾張を支配し、近江・伊勢を半国支配している状況で、隣接している反織田側は越前の朝倉、北近江の浅井、摂津の三好、長嶋に本願寺軍が割拠している。徳川氏は開始時点で織田方で、宇喜多氏は反織田方でスタートする。
 もっとも有力な、そして序盤での戦術的優位の希望の星だった浅井長政が討ち死にしたのは痛い。残された戦力は不安が残る。朝倉氏は北近江に突出してきた織田軍と美濃の織田軍に牽制され動けず、播磨の三好軍は戦力が不足し山城に圧力もかけられず、長嶋の本願寺勢も戦力不足ときている。
 とりあえず当面は本願寺を中心に戦っていくしかないので、本願寺の戦力補充(一向門徒の増大)で急速増大するしかない。政略上は中小大名と大大名の参戦を促進するのみだ。

 

nobunagahoui1

第2ターンでは上杉氏の参戦が促進された。しかも徳川氏を中立化させたために東側では安静な戦線となってしまった。織田方はいつ武田氏や上杉氏が参戦するのかと気が気でない。
 盤上では長嶋本願寺勢が勢力十分となったのを良いことに、隣国に動けなくなった信長本隊を発見し攻撃を開始。幸い本願寺側が「進めば極楽」カードが無かったので消耗戦となる。織田軍は周辺の武将を増援し、本願寺勢力を根絶しようとカードまで使用して攻撃するも取りこぼしてしまい禍根を残す。
 さらに本願寺軍は増援カードや別働隊を利用して織田軍を翻弄し出す。手薄な尾張を攻撃し策源地に混乱をもたらす。

 第3ターン・第4ターンでは上杉氏の参戦より早く毛利氏が参戦した。徳川軍は織田軍に参戦したが、武田氏・上杉氏同時参戦という悪夢に備えなければならない。
 盤上では取られた尾張を奪還すべく反撃作戦が展開される。圧倒される本願寺軍だが、カードプレイで元の戦力以上に復活してしまう。さらに長嶋まで侵攻するもここで攻勢頓挫。西では手薄になった山城に三好氏が突入し占拠。南近江の本願寺軍も残ったままで関西の雑魚相手にここまで苦戦するとは信長側のK氏も困惑。

 第5ターン・第6ターンでは怒りに燃えるK氏は一大攻勢を展開し、南近江の本願寺軍残余を皮切りに、長嶋本願寺を壊滅させ、山城にいる三好氏を駆逐し、このまま押し切ってしまうのかと思った矢先に上杉軍が反織田方に参陣といういやな知らせを受けることになる。K氏の「何で死んでへんねん。」の声がむなしく響く。

 第8ターン終了時点では摂津まで織田軍が進出し、松永氏が織田方で参戦し織田軍と協力し、朝倉軍のいる越前を除いて本願寺軍が1ユニットのみ紀伊石山に存在するという織田軍パーフェクトゲームも夢でない展開に興奮するが、毛利、上杉の侵攻が間近であるのと、徳川氏がまたしても中立化するという事実に暗雲がたれ込める。

 第9ターンには毘沙門天に守られた上杉謙信が北近江にやってきた。6以外何でもヒットしてしまう魔神のような武将は倍以上の織田軍を撃破し、織田軍に抵抗は無益であると悟らせるに十分な破壊力を見せつける。さらに毛利軍は急速前進し、摂津に突入し山城の織田軍に毛利軍のハイタワーを見せつける。数ターン前の優勢が嘘のような展開だ。

 最終ターン。上杉軍は北近江残党の織田軍を撃破、こそっと参戦していた武田軍は美濃の織田軍を撃破。織田側は奮戦むなしくカードまで使い切ってしまう。
 K氏はてっきり上杉謙信か武田信玄で織田信長を討たれると思っていたのに2大大名が掃討戦を始めてしまったので、拍子抜けして筆者に聞く。
「あれ、信長討たへんの?」
「いやーメインイベントは最後に残してあるんや。」
といって毛利氏のスタックに手をやる筆者の動きに納得したのか山城に突入する毛利勢に「あれ?」というような顔をする。

さらに本願寺勢を南近江に突入させたが織田軍をすり減らしたのみである。
「メインイベントはこれだ!」といって筆者が動かしたのは今まで動けなかった朝倉勢で、織田信長本隊に突入し、みごと織田信長の軍勢を覆滅させ信長を討ち取った。ラストのラストでサドンデスだ。

 簡単なルールで信長の元亀~天正の包囲戦を楽しめる。カードも多くない(12枚)ので多すぎて悩むと言うことはない。序盤は戦力が小さく後半は大軍がぶつかり合う様はなかなか良くできている。上杉謙信や武田信玄がいつまでも生きていると言うことに違和感を感じるかも知れないが、非常にゲーム性が高いので細かいことに目をつぶれば大した問題ではない。個人的には「信長最大の危機」に勝るとも劣らない作品だと思う。対戦相手のK氏の感想も悪くない。ユーロスタイルのエッセンスも持っているデザイナーの池田氏の非凡な才能に驚くばかりだ。

« 次へ向けて | トップページ | 源平盛衰記(GJ)プレイ »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/3843624

この記事へのトラックバック一覧です: 信長包囲戦(GJ)プレイ:

« 次へ向けて | トップページ | 源平盛衰記(GJ)プレイ »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ