« 信長包囲戦(GJ)プレイ | トップページ | 信長風雲録(ツクダ)プレイ »

源平盛衰記(GJ)プレイ

 大河だ義経だ。と言うわけではないが源平ものだ。源平ものはエピソードに満ち戦史に暗い方でも一度は聞いたことのあると思う。しかし戦いとなると戦国時代も真っ青の一方的な奇天烈な展開が多い。そんなこともあり、源平ものはゲーム化されているものが少なく、ゲーム化されていると言っても大河的戦略級が多い。今回プレイした「源平盛衰記」も御多分に漏れずそんな大河ゲームだ。
 とは言え本作はかの「太平記」システムをリビジョンアップした作品で、太平記システムの源平ものと言えば経験者なら「もしかして」と思うかもしれない。
 しかし本作はミニゲームであり、ユニット数も大幅に少ない。ミニゲームの戦略級に良い思いのない筆者は一抹の不安を感じた。ともかくプレイしてみなければわからないところもあるのでプレイしてみることにした。

 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

もの凄くかっこよく古典の冒頭を引用したが、最後のくだり諸行無常の響きありに心を打たれることになった。プレイは筆者が平氏、K氏が源氏を受け持つことになった。
 太平記と同じように中立の武将をランダムに引き、どちら側に経って参戦するか決定する。引き合いの結果、奥州平泉の藤原氏が平家側に付き、西国の有力武将も平家側に付いたので、ある意味平家側有利か!と引き運の強さに驚く。
 おおよそ西国を固め、北と南から源氏を挟み撃ちにし、「平氏であらずんば人であらず」を実践しなければならない。優雅で高邁な平家政権は永遠に続かなくてはならない。タッキー演ずる源義経を指揮下に置き小躍りしているK氏とは志が違うのだ!
 さて、どうでも良いアジ演説はおいといて、京都ではなかった京には後白河法皇がおわしまし、京を支配するものの側に付く。太平記での京と同じように京で守るとロクな事がないようになっている。鴨の守り作戦は成功しにくくなっているわけだ。座して待つと木曽から義仲がやってきたり鎌倉から範頼、義経が連続して攻めてくるので、前進防御である。
 あれ?なんか史実と同じような気がするぞ?
 源氏軍は動いた。まず、後で苦労しそうな奥州征伐を先に終わらせ(オイオイ)、後顧の憂いを断ったのだ。その頃平家軍は富士川のほとりで源氏軍の来襲に備えて陣を張った。平家の大軍は源氏の将兵を震え上がらせるに充分な大軍で攻めたはずだったが、気がつけば源氏軍の方が多いときている。ならば調略で相手の戦力を削がそうとしたが失敗し、平家軍は富士川の水鳥の羽ばたきと源氏軍の総攻撃から潰走を開始、哀れ都に落ちていくのだった。いとおかし。
 さて京に辿り着いた平家軍主力は清盛(ゲームには登場しません)の怒りをかいつつ急ピッチで軍の再建を図らなければならなかった。しかし都で守って勝ったものなどいない。
従って平氏の公達を始めとする平家派の公家は西国の地に散り再起を図るのだった。図らずも都落ち。

genpeiseisui

 平家の公達は西国にエリアを持つものが多く、理屈では兵力募集に困らないはずだった。京に突っ込んできたのは史実よりも一足早く範頼・義経兄弟。義仲であればまだ抵抗もできようものだが、相手は義経だ。こっちが「やあやあ、我こそは山城の国、なにがしの...」と名乗りを上げた瞬間に戦闘解決のダイスを振るようなやつだ。それこそこてんぱんにやられてしまった。
 平教経は中国へ総大将平宗盛は中国から九州に逃れた。両者とも当地を勢力地域とすので徴収した戦力を柔軟に運用できる。中国と四国には阿波成良、緒方惟義が平家方として参戦している。
 若干の小康期間を経て平家は中国に兵力を集中し、一ノ谷合戦のように京を目指した反攻作戦を夢想した。が、ダッシュとパワーに勝る源氏軍は一ノ谷なんか無かったように中国になだれ込んできた。まるで総大将の宗盛を待っていたかのような行動だ。
 よーく地図を見ると、中国地方はご丁寧に「壇ノ浦」と書かれているではないか!
「壇ノ浦だー!」叫んでももう遅い。筆者の脳裏には水底の都が見えてきた。

・・・・・

平家一門は壇ノ浦にて壊滅。平宗盛も捕らわれることなく海の藻屑と消えた。二人敵の追っ手から逃れた平清宗は九州で、平時忠は北陸でそれぞれ源氏に与する者共に討たれ栄華を誇った平家の世もわずか6ターンで果つる事になりにけり。 

 さて太平記システムの源平合戦もののミニゲームで、ミニゲームゆえのどうしようもないところは仕方ないので置いておくとして、源義経のダブルムーブ、在地ボックス、連続した支配地の柔軟な徴兵など今までの一連のシステムの集大成となっている。それでもルールは減っているという。ミラクルには驚かされる。確かにこのゲームはデザイナーノートに述べられているとおりウォーゲーマーでなくても気楽にプレイでき、歴史の再現性もさほど的外れでないと言う点は評価できる。個人的にはミニゲームでなく太平記と同じスケールの源平盛衰記を見てみたい気がする。

« 信長包囲戦(GJ)プレイ | トップページ | 信長風雲録(ツクダ)プレイ »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/3971720

この記事へのトラックバック一覧です: 源平盛衰記(GJ)プレイ :

« 信長包囲戦(GJ)プレイ | トップページ | 信長風雲録(ツクダ)プレイ »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ