« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

6月第2回

 関係者には新しい告知方法で始めた今回の会合は、大きな混乱もなく慎ましくもそう平常と変わらず開催された。
 前回開催時に次回はとあるゲームをプレイしたいということがある程度決まっていたので、それをメインにして、余った時間を他のゲームに当てることにした。
 今回プレイしたゲームは以下の3ゲームだ。

  • ミシシッピ・バンザイ(別冊コマンド19)
  • オルレアンのジャンヌダルク(Vae Victis30)
  • ゾンビー・フォートレス1945(RPGamer#3)

 全く一貫性は無く、類似性の微塵もないが様々な時代・色々な戦場を渡り歩くことができるのはこのホビーならではの魅力だろう。

続きを読む "6月第2回" »

BLOOD&IRON(XTRコマンド21)プレイ

東山三十六峰。
草木も眠る丑三つ時。 
夜陰に紛れてけたたましく携帯が鳴り響いた。
「なあ。明日暇なんやけど。」

声の主はK氏だった。
何でも用事があったのが飛んだとか何とかで、ポッと時間が空いたのだという。
ポッと時間が空いた者と電話された者がたまたまスケジュールが合い、プレイをすることになった。

 我々は唐突としてこのようなことが発生するのでいつでも戦えるようにスクランブル体勢を取っておかなければならない。古いキャッチコピーである「24時間戦えますか」のノリである(といっても戦えないケド)。

このようにして唐突としてゲームをすることになった。


 

続きを読む "BLOOD&IRON(XTRコマンド21)プレイ " »

捷一号作戦(GJ)プレイ

捷1号作戦 (GJ) 

 前回UPした捷一号作戦を再録する。原文からの拡大バージョンであるので同じような表現や文体が出てくるかもしれないが、再録故のダブりと言うことで片目を瞑ってみて欲しい。

 本作はレイテ沖での海戦を作戦・戦略規模で再現する。オリジナルゲームがほとんど全てと言って良いほどの割合で構成されたGJ誌で珍しく海外DTP作品をライセンスしたものだという。以降の号で海外DTPのライセンスは聞かないが、今後も良作があればどんどん発掘してもらいたいものだ。

Imgp2809  レイテ海海戦は史上稀に見る大規模な戦いであったこの海戦を、1ユニット数隻の艦隊であらわし、航空機もそれ相応な機数をグループ化している。海戦がテーマであるため に北は沖縄南はボルネオという広範囲な地域をハーフマップでマッピング化されている。南方地域であるためか心なしかトロピカルだ。

 数隻1ユニットのユニットを更に何個か寄せ集めて艦隊ディスプレイ上で艦隊と化し、マップ上は艦隊カウンターが縦横に動き回る。大型艦単艦のユニットで海戦が出来るのではなくて艦隊ユニット(この場合戦隊)同士の海戦と見ることも出来る。メカニカルな面にこだわる向きにはお奨めできないが、海戦の作戦級が好きな方であれば充分お奨めできるものだと思う。何と言っても圧倒的な米軍を作戦能力で翻弄し、あわよくば鉄火でマッカーサーに辛酸嘗めさせることが出来るのだ。これ小兵が大兵を倒す。日本の美学。

続きを読む "捷一号作戦(GJ)プレイ" »

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ