« 関ヶ原で関ヶ原ゲーム会(11月その2) | トップページ | 2009年のプレイ »

僕も200X年を振り返ってみよう

 最近にわかに忙しかったので、ウォーゲーム関係のプレイとかその他多くのことが進まなかった。
 もちろん刑務所にぶち込まれているわけでもないので全くプライベートな時間を持てないということはなく、少なかったプライベートな時間も他の事に振り向けられてしまったので、いわゆるリソース不足っていう状況だった。
 とは言えMUST ATTACKやお気に入りのブログには目を通していたので、リソース不足でも次なる戦いのために備えているという感じだ。
 その中でも、たかさわさんの「200x年代をふりかえる」という記事は今が2009年ということに改めて気付かされたというだけでなく、2000年問題とか何とかいっていた時代から10年を過ぎようとするのかと思うと感傷的になってしまう。10年前は20代だったんですが、もうアラフォー。。。。。
 そうだ!僕も振り返ってみよう!

2000年

  • 長期間にわたり名古屋/浜松に出張

 名古屋では洪水の恐ろしさ、浜松では三方原の合戦に思いをはせる。当地所在のゲームサークルに顔を出すかと考えたがそもそも休日が無かった!! 

  • CMJ36号「信玄最後の戦い」

 コマンド誌初の日本史もの。デザイナー福田氏が復活したということで興奮の20世紀最後の年だった。

  • A Home Of Game Apes 開設

 たかさわさんによるとウォーゲーム・ポータルサイトの感があるA Home Of Game Apesはこの年から始動しはじめたという。このウェブページのおかげで多くの方が救われたのは間違いない!

  • 2000円札発行

 世間では評判悪く今では姿を見ることが少なくなったですが、表に偉人の肖像画書かれなかった紙幣でもあります。何故か会社の近くにあるATMでは2千円札が良く出てくるので不気味がられています。

--------------///--------------
 信玄最後の戦いにはビックリしましたが、この年は積み木ゲームのプレイやターニングテーブルシステムのゲームをプレイしました。GMTのサラトガが面白かった印象があります。 

2001年

  • 9.11

 びっくらこきました。当時アメリカへ出張へ行っている同僚達が足止めを喰らって帰ってこられませんでした。

  • アフガニスタン紛争

 どうなることやと興味津々でした。もちろん戦術的にどーするとか、湾岸戦争より進化した軍隊とはどのようなものかということでですが。

  • MMPがThe Gamersを買収

 ショックでした。しかしこれで耐性?が付いたのか企業の買収・吸収など気にしなくなってしまいました。

  • ゲームジャーナル商業誌化

 正直、大丈夫かよ!と思いました。当初はフルサイズゲームを出版するとかどーたらこーたらという話が出ていたような気がしますが、今では同人時代に回帰しているような気がします。ともかく2誌目のチャレンジャーの出現には市場が意外にもデカイのではと思わせるに充分でした。

  • Against the Odds創刊

 アヴァンギャルドなデザインで僕のハートは鷲づかまれました。山崎さんのブログにも書かれていましたが、旧来からの慣習に似た「決まり事」らしきものを知っててか知らずか踏襲せず、常識とは何よと言うことを改めて突きつけられました。

  • 九州南西海上で海上保安庁が北朝鮮工作船と交戦

 不謹慎ながらやっぱり海での戦いだから~海戦ていうのかなあと夢想していました。

--------------///--------------

 なぜかCMJ/GDWのアルマを良くやりました。宇宙戦艦ヤマトの同人ゲームも面白かったです。というか同人出版であるにもかかわらずコマの出来が商業品レベルで興奮しました。

2002年

  • FIFAワールドカップが開催される。

 サッカー三昧の一年でした。

--------------///--------------
 ロシアンキャンペーン、アフリカンキャンペーン、SS-D-DAYなど結構古めのゲームのプレイが多かったです。

2003年

  • イラク戦争勃発

 ラムズフェルドドクトリンに代表されるローコストな戦争に新たな戦争が始まったと感じさせられました。PMCの存在がクローズアップされRMAも実証されました。

  • このブログ「THEN WHAT?」をはじめる

 だれもブログでウォーゲームのことを触れていなかったので、これならできるかなと思ってはじめました。気がつけば長らく続けることができました。これも皆さんのおかげです。

  • ダブルチャージが創刊

 数号で刊行が止まりましたが、やっぱり簡易なゲームよりこっちの方が大事なような気が今でもしています。

  • 自費出版版シックス・アングルズ第8号

 SSハリコフがリファインして帰ってきた!この号から山崎さんが順調にオリジナルゲームをリファインや新作発表されるようになりました。

--------------///--------------

 雑誌ゲームを中心に爆発的にプレイ数が多くなりました。やはりブログを書き始めてゲームに注力する時間が多かったからでしょう。

2004年

  •  ブログ「THEN WHAT?」がA HOME OF GAME APEに取り上げられてアクセスが伸び始める

 これはビックリしました。何回クリックして確かめたことか。たかさわさんの千里眼には脱帽です。

  • 有限會社摸擬出版にリンクが張られる
  • ウォーゲーム武芸張

 おなじく記事やトップページにリンクが張られもアクセスが増え始めました。

--------------///--------------

 引き続きプレイ量は増えつつあります。箱ゲームも多くプレイするようになりました。ウクライナ43は作戦級をプレイしたなあと思わせる良い作品でした。また何だかんだ言ってTCSを初対人プレイできたのは個人的に嬉しい。

2005年

  • 愛知万博
  • コマンドいちねんせいブログに取り上げられる。

 爆発的なアクセス数を得ました。以降何回か取り上げてくれるのですが一度もお会いしたこともなければすれ違ったこともありません(ハズ)。

  • コマンド編集M永氏が当会にやってくる

 いちねんせいブログに取り上げられる前から一般的なプロバイダからではないアクセスがあったことは気がついていましたが、いちねんせいブログと彼のコンタクトはゲーム業界の人がぐっと身近に感じられるようになりました。なお、彼の参加はコマンド編集としてではなく一介のプレーヤとして参加。

  • KOSさん逝去

 直接の面識はなかったのですが驚きました。昔ニフティのゲーム板では活発に参加されていて発言など非常に活発でゲームリプレイや記事などでは大いに参考にさせていただきました。KOSさんにコメントして貰うようなブログになりたいと思っていたのですが....以降ウォーゲーマーの死とは、さらには高齢化が進んでいると言うことを意識しはじめるようになりました。
--------------///--------------
 装甲擲弾兵、三十年戦史、トライアンフマーチ&グローリー、ドイッチュランドウンターゲルト、ダークディッセンバー等小マップからフルマップまで色々なゲームをプレイする事が出来ました。

2006年

  • レバノン侵攻
  • takobaさん出現

 本屋であったその日から。。。ではなく京都の本屋ネタで絡むようになりました。takobaさんのブログは前より知っていたのですが、まさか隣県とは。ピンプレーヤーと言うことでこの時より交流が始まりました。
--------------///--------------
 オンスロート、項羽と劉邦、フリートシリーズを良くプレイしました。

2007年

  • 入院していました

 入院自体は短かったのですが自宅療養は1ヶ月になり、本やルールブックをたくさん読めました。一番最初に連絡をくれたウォーゲーマーはM永氏でした。ありがとう!

  • ウォーゲーマー呑み会が初めて開催される(takobaさん、ワニミさん)(たかさわさん)(こかどさん)

 この年より悪の組織が結成されました(嘘)。また高名で鳴るたかさわさんとお会いできたのは記念すべき年です。

--------------///--------------
 装甲擲弾兵、CMJマーケットガーデン、CMJスモレンスク、ウクライナ44、武田騎馬軍団が良くプレイされました。

2008年 

  • 南オセチア紛争
  • 第1回関ヶ原で関ヶ原ゲーム会に参加

 もりつちさんと初めてお会いしました。ニフティの会議室で昔のハンドルネームは知っていて論客で有名だったのでめっちゃビビっていったのですが、お会いして意気投合しました。以降都度関西まで来てくださっています。多謝!

  • ウォーゲーマーSNS「MUST ATTACK!」に登録

 なんか僕のポロッと発言から進んだ話らしいです(市川さん談)。気がつけば700人越えとなっているようですが、ダブルアカウントの方もおられるのではないでしょうか?個人的には活発な発言は強いる必要はないけど自己紹介や現住所(都道府県だけ)ぐらいは書いた方が交流しやすいのになあと思っております。

  • 関西のウォーゲームサークルにお邪魔しだす

 ミドルアース、サクラ会、ともよ会などで卓を借りたりしてお邪魔しております。その節はありがとうございます。

  • GCACWをプレイする

 たかさわさんに挑発 触発されてプレイする事になったが非常に面白いです。と言ってもコマ数の少ないものやターン数が適度なものを選っているのでもう少し深入りしたい所です。このプレイで継続案件入りとなりました(当会では珍しい)。

  • 発売前のゲームをプレイさせて貰う(ソロモン)

 記事にさせて貰いましたが、興味深いデザインコンセプトです。発売時には要ゲットを確しました。
--------------///--------------
 GCACW、コンフリ、SAモスクワ攻防戦、パットン第3軍などあたりが多かった年でした。

2009年

  • ウォーゲーム日本史創刊

 一般向けかそれとも第2のDCか?そろそろ一般書店で購入したニューカマーが出てくるのでは?というのがありますが果たしてどうなんでしょうか?新しい出版形態を示したことでも凄いなあと思います。

  • 発売前のゲームをプレイさせて貰う(帝海、戦略級ミッドウェイ)

 あ、ちなみに私、デザイナー公認のテストプレーヤーじゃありませんよ。

  • エアスペに手を染める

 大空のSamuraiになりました。もう戻れません(嘘)。プロフィール欄に陸海空宇宙何でもこなしますと書いていますが、本当に何でもできるようになりました。ストライクゾーン拡張中と言うことで空も守備範囲に加わるようになりました。takobaさんありがとう!

  • 潜水艦のゲームをプレイする

 大空を舞うだけでなく海の底まで行ってしまいました。沈んでんじゃん!てのは無しで。

  • 第2回関ヶ原で関ヶ原ゲーム会に参加 

 まさか定期的になるとは!!ということで参加。今年は関ヶ原のゲームが多かったのでよもやマンネリとなる所が新しい刺激になりました。参加諸氏ありがとう!

  • VASSALを使い出す

 はい。対戦ではありません。ソロ用です。マップを広げる必要がないのは良いですね。これからのゲーム出版は通信対戦とかを念頭に置かなければならないようです。ともあれ凄いツールです。

  • ジャパンウォ-ゲームクラシックス(JWC)プロジェクト始まる

 日本のウォーゲーム・スタンダード・ナンバーを、いつでも、誰でも買える環境をつくるというプロジェクトですでに第2弾まで発売された。タイトルが雲霞のようにあるウォーゲームで大事なのは良いゲームがいつでも手に入れられる環境が大事だと言うことは幾多のブロガーなり論客なりが唱えていたことだが、メーカーに利があまりないと言われていて二の足を踏んでいたらしいが遂にそう言うプロジェクトが動き出した。色々なメーカーも賛同できる仕組みになればいいなと言うことで応援したい。
--------------///--------------
 2009年は別項でまとめたいと思います。

 っていうか大したことしてねぇーなぁというのが第1感想。まあ一在野のブロガーですんで仕方ないですが10年近い年月を振り返ると長かったような短かったような。

 さてもはや2010年となってしまいましたが、今後もこのブログの路線は変更されることなく面白い記事や雰囲気を伝えられるような記事を書いていきたいなあと思います。

« 関ヶ原で関ヶ原ゲーム会(11月その2) | トップページ | 2009年のプレイ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

え?僕も知りませんでした(笑)
またプレイさせてください。

>あ、ちなみに私、デザイナー公認のテストプレーヤーじゃありませんよ。

え?そうなんですか?
ちっとも知りませんでした(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/46963672

この記事へのトラックバック一覧です: 僕も200X年を振り返ってみよう:

« 関ヶ原で関ヶ原ゲーム会(11月その2) | トップページ | 2009年のプレイ »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ