« 5月の戦い(2010年) | トップページ | 5月の戦い(2010年)その3 »

GWに何をしていたのか

ゴールデンウィークのように休暇が長く続く時は、結構ゲームをプレイしたりあるいはそれに関する準備なりをすることが多いのではないだろうか?

 筆者の場合は平日それほどウォーゲームに触れることが少ない。平日は概ねブログを見たり書いたりするぐらいで、休日やまとまった休暇の時に何か行っている。

 果たして何をやったのか?と言う記事は面白いかどうか分からないのですが、プレイの記事ばっかり並ぶのも殺風景なのでちょっと風合いの違う記事をアップすることにする。

こんなんオモンないねんって言わない。

  • 雑誌を読む

 コマンド誌、ゲームジャーナル誌を中心にプランサンセット、ダブルチャージ誌など国内の雑誌中心に読んでいるが、S&T誌の記事をゆーーーーーーっくりとしたスピードで読んでいました。だいたい雑誌はなんかちょっと時間が空いた時に読むという感じでじっくりは読んでいません。

  • ルールを読む

 プレイをすぐする/しないに関わらず、興味のあるゲームはルールを覚えておきたい所。しかし持ち前の覚えの悪さから読んだその場で抜けていくので、筆者のルール読んだよは昔プレイしたことあるよとたいして変わらない(笑)
 それでもルールを読むのは好きなので複数読んでいたいりする。

  • ルールの疑問点を質問する

 購入ゲームでさあこれからプレイするぞというものや、プレイした時に出てきた疑問は覚えている間にクリアーにしたいもの。今回レッドラで何件か出てきたので確認のため質問した。

  • カウンターを切る

 これからプレイするゲームはカウンター類をカットする。これが楽しいという人もいるが筆者は割と楽しくない方。また切り方もえげつない方に属する。そう言えばワニミ氏がコーナーカット用のグッズを持っておられた。あの商品のあおり文句が面白かったような。

  • カウンターを作る

 これからプレイするゲームでもDTPタイプのユニットを作らなければならないゲームがあるので時間がある今回行った。
 ユニットを作らなければならないゲームって敷居が高いと思う。ユニットを作ってあまり面白くない場合など目も当てられない。俺の作業時間を返せ!と言う風にもなりがち。しかしその恐れを乗り越えて制作するので楽しめるはずと言い聞かせて製作。
 今回は某ゲームを製作中。カウンターの多いゲームは辛いです。厚みのある紙を使用しているのでカッティングが大変です。

_igp0168

 
  • コンポーネントをスキャンする

 新規購入のゲームやこれからプレイするゲームなどでプレイエイド、ユニットなどをスキャンしている。これはコンポーネント破損など修理に備えて。昔はよく忘れていたけどマシンスペックが上がってきてあっと言う間に終わるので忘れるのは少なくなってきた。

  • 写真を整理する

 ブログで使うためだけでなく、記事を作る時に思いだし用にほぼ全ターンの記録とトピック的な事象を撮影しているので、それをPCのハードディスクに整理している。確か99年ぐらいから写真が残っている。

  • 写真を加工する

 ブログに載せるために適当な写真をセレクトして、VGAの半分サイズにする。だいたい1記事に2枚ぐらいしか載せないのでさほど手間はかからない。が、他のとこでやっているように矢印とか戦線の位置などは邪魔くさいのでパス。

  • ブログを書く

 見える形では前記事と今記事がそれに相当。しかしまだ公表していない記事などはちょこちょこ修正や作成中。

  • ブログを修正する

 自分のブログの修正はいつでも行っているけど、かなり古いものなどは時間がある時にしかできないので。

  • ブログにコメントを書き込む

 ブログは平日でも巡回しているが、コメント書き込みは休日とさほど差はないけど今連休でも書き込んだ。

  • SNSに書き込む

 SNSといえばMUST ATTACKのことで、興味のある書き込みなども見たりメインコンテンツに近い日記に書き込みをする。普通の日でもするけど休みの日は沢山書き込む傾向が。

  • ゲームを整理する

 ゲームを多く所有するとプレイしたいゲーム、プレイするだろうゲーム、とっておきたいゲーム、いつか手放すゲームなどとグループ分け出来てくるのではないだろうか?
 人によっては即ゴミ箱に突っ込むと言う人もいるようだが、筆者の場合、1年ルールならぬ2、3年ルールにて1軍2軍分けを決めている。もちろん2、3年等と曖昧にしているのは必ずしも厳密ではないわけで何年かおきにゲームの去就を決めている。
 そのように幅を持たしている理由は、購入時点であったはずのプレイ意欲が何らかの理由で失ったのは理由は別として時間が経つにつれて復活したりあるいはその逆で完全に感心が無くなったというのを見定めるためでもある。
 と言うわけで今回もその整理にいそしんだわけ。
 筆者の場合、不要となったゲームはどうなるか?
 もちろんゴミ箱に突っ込んだりなどせず、それを必要とする新しい主人を求めて手放すことになる。多くは中古ゲームとしてショップへ売却されるが一部は筆者のゲーム仲間などに譲られることが多い。

  • 修正カウンターを整理する

 多くのカウンターシートには訂正ユニットや、ヴァリアントユニットなどが付いていることが多い。海外のゲームでも雑誌付きゲームではよくやることみたいで、時々ごっそりカウンターが足りなくて後の号で添付したと言うこともまあある。
 色々ゲームを買ったりしているとこういう訂正カウンターの類が増えてくる。もちろん購入時にやってしまえばいいんだが、購入時点でも未プレイだったり整理しづらい所にあっておいそれと取り出せなかったりする。この休みで思い切ってそういう整理を実施した。

  • ゲームをプレイする

 前記事の5月の戦い(2010年)でも書いているとおりThe Destruction of Army Group Center(WAW9号)レッド・ドラゴン・ライジング(CMJ92号)をプレイした。The Destruction of Army Group Centerはかなり前からプレイしたいと思っていてようやくプレイできた。テーマ的には東部戦線のゲームでは興味から少し離れるが、よく考えたらこのテーマ(バグラチオン作戦)はプレイしたことがないのと、完成されたソ連軍の怒濤の進撃というのはどうなのかというのに関心が向いたからだ。

 またレッド・ドラゴン・ライジングは槍隊リストでtakobaさんやもりつちさんがリストアップしていて近未来現在戦の戦略級と言うことで、今後の会合でプレイされる可能性があるから先んじてプレイしてみようというのが動機。もちろんSNSや他のブログの記事にも触発された。

 他にゲームに関連することとしてそれに相応するミリタリー関連の書籍やWEBの閲覧などがあげられます。全然ゲーム(でもないんですが)に関係のない米墨戦争なんて調べたり。

« 5月の戦い(2010年) | トップページ | 5月の戦い(2010年)その3 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/48280436

この記事へのトラックバック一覧です: GWに何をしていたのか:

« 5月の戦い(2010年) | トップページ | 5月の戦い(2010年)その3 »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ