« 2010年をふり返ってみた | トップページ | 1月の戦い(2011年) »

2011年のタクラミ

 早くも2011年が始まってしまった。大昔は2日の日ぐらいに集まってマルチゲームをプレイするというのが風物詩的な光景だったが、最近はそれぞれの事情で行われなくなり今に至る。仕事の始まる日が微妙にバラバラというのもあり、人によってはこの正月周辺が多忙だというのもある。

 とは言え1月の早い段階にゲームをプレイしたくなるのは人情で、一番休暇期間が長い筆者はこの時に次何をプレイしようか企んでいたりする。

 もちろん対戦ゲームって言うのはあくまで対戦相手がいてのものであって、自分だけの意志だけでどうにかなるというもんではない。相手の同意や了解が必要というのは言うまでもない。

 と言うわけでこの2011年が開幕したことを受けて筆者が勝手に思い描く山科会でプレイを企んでいるゲームというのを開陳したいと思う。

今のところ頭に浮かんでいるのは以下の通り。

・アレクサンダーが出てくる会戦級のゲーム

 これは筆者が過去に熱く語っていた古代戦のゲームの話しにK氏が遂にプレイしてみたいアイテムだと答えるようになってきたことから、早期に実現するのではないかと思っている。タイトルをぼかしているのはどういうレベルの、メカニズムを持つゲームにするかは現在選定中。

・デビルズ・コルードロン

 MMPから発売されている戦術級ゲーム。戦術級ゲームとは言えスコードリーダーのように分隊規模のゲームではなく、もう少し規模の大きな(中隊クラス)戦術級。筆者はジオモーフィックな組み合わせマップの戦術級ゲームはあまり興味が無く、リアルマップな戦術級/戦術作戦級に興味あり、本ゲームはプレイしたいゲームの筆頭格でもあった。しかしなぜかプレイの準備はすれどもお流れ、お流れが多くルールを読んでも期間が空くとコロッと忘れてしまうので今年こそプレイにこぎつけたい。

 なんと言っても続編が出そうですしね。

・ハンニバル/ワシントンズウォー

 カードドリブンでワシントンズ・ウォーをプレイした時に次はハンニバルと予告していたが、これも他のアイテムの予定の前に忘れ去られていた。カードドリブン熱は冷めていないのでぜひともプレイ(再プレイ)したい所。ハンニバルで残念なのは箱がブ厚めで運びにくいって事。このあたりは筆者以外興味を抱いていなかったけど最近のもりつちさんのブログによれば興味抱いていられおられるので筆者的には優先目。 

・バトル・フォー・ノルマンディ

 こちらはシモニッチの作品ではなくダニー・ホルトのビッグゲーム。ノルマンディの6月に合わせてプレイしたいなあという思いが募ってきて、できるかどうかは別にして6月にプレイできないかなあと考え中。詳細なプレイ例を見ているとプレイしたくなりますね。

・サン・ロー

 こちらもノルマンディ戦役に属するゲーム。サンロー攻略戦を扱う作戦級ゲームという渋い題材にハートは鷲掴み。最近プレイされていないのとやっとこさ入手できたのでプレイしようとして忘れ去られていた。歩兵師団が攻めるシチュエーションがええなあと。

・GCACW

 昨年に続いて所有のGTC、HCR、SLB、SIVのいずれかをプレイしたい。昨年はもう少しプレイしたかったが、何だかんだで尻すぼみになってしまった。BAC待ちだったのも一因かもしれないけど熱意ある対戦プレーヤーが少ないのも原因。プレイしたら面白いんですけどね。やはり南北戦争のゲームって言うのは敷居が高いのかな。

・ダウンタウン

 以前、航空戦を扱うゲームって言うのはガチガチのドッグファイトだけを指すのではなく、本来なら陸戦のゲームのように戦術級・作戦級・戦略級というカテゴライズであったり、エリア戦、カードドリブンなどゲームの仕組みなどのゲームとしての広がりがあると思うが、まだまだ未分化なのではないかと思っていて、これからも発展の余地のあるジャンルだと思っている。そんな中航空戦の作戦級として発売された本作は興味のあるベトナム航空戦を扱い、作戦級に興味を持つK氏や、航空戦に興味があるもりつち氏、takoba氏などにも受け入れられるゲームなのかなと思う。

・関ヶ原のゲーム

 今年は関ヶ原会があるかどうかは別として昨年から関ヶ原のゲームの所有が3つ増えたことから関ヶ原はやっぱり筆者にとって永遠のテーマなのかなと思う。と言うわけで夏頃には関ヶ原テーマのゲームを何かセレクトしていると思われる。古いゲームや同人ゲーム、更には海外物など選択肢は豊富にありどれも興味深い。

・シモニッチもの(N44orU43orレジェビギ)

 これは現在進行形と言っても良いけど、もりつちさんやワニミさんの間の話で、シモニッチのゲームをプレイしたいというのがあり、この辺はU43、N44が候補に挙がるが筆者はレジェンドビギンズあたりも候補に加えたく、また肩慣らしにコーカサスキャンペーンもありかなと思う次第。

・シェンノーツ・ファーストファイト/オペレーションカートホイール

 この辺は海空戦の作戦級で空戦を戦術ディスプレイでプレイすると言うまるで古代の作戦級みたいなアイデアで目新しくはないがこのシチュエーションに被せるかと驚いた。このゲームに引かれるのはやはりテーマか。ソロモンという三軍運用のゲームマストデザインなテーマと筆者がもっとも関心があるビルマ(CBI)戦域と言うのが大きな理由。

□◇■□◇■□◇■□◇■□◇■

 もちろんこれ以外をプレイしないと言うことではないしプレイしたくないと言うことではない。

 コマンド誌の付録にもなったホワイトデスやATO、WAWの付録ゲームなんていうのもいつなんどきプレイしたくなるか判らない。時間が経てば考えも変わるだろうし、魅力的なゲームに気づかされるかもしれない。

 定期的に刊行されるCMJ、GJ、WGJ、ATO、WAW、S&Tなどから魅力的なタイトルが発売されればそれに興味が湧くだろうし、いつも巡回するブログなどからの影響でプレイ優先度が変わることもある。

 また同人デザインのソロプレイもプレイされるだろうし、自分もまたそう言うのに手を染めるかもしれない。来訪する方々に合わせて候補を修正したりすることも大いにあり得る。

 例えばソロモングループの方々が訪れる際には作戦級/戦術級シフトするし、ここには謳われなかった海戦や空戦のものもラインナップされる。フリートシリーズなどは殊更ここで謳わなくとも海戦の作戦級となるとこれに落ち着くだろうし、戦術級となると装甲擲弾兵シリーズとかコンフリなどは言わずもがなだ。

 ソロプレイではさらに自分の趣味性が発揮されて例えば某戦術級のプレイであるとか、南北戦争の会戦級であるとか、巨大作戦級など目白押しだ。

 果たしてこのうちどれほど実現できるか不明だし、追加や変更されるタイトルが多分に発生するだろうけど年の初めに書いておいて来年にどうなったかまた見てみたいと思う。

(さすがにもりつちさん所みたいに達成度もだすと達成率の低さに気が重くなるのでやらないけど)

 もちろん山科会のこれからのあり方についてもまた考え直さなければならないかもしれないし、そうではなく今まで通りでいいのかもしれない。

 その辺は結論を見ないが当面の目標は以上に挙げたようなものとしようと思う。

« 2010年をふり返ってみた | トップページ | 1月の戦い(2011年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/50466759

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年のタクラミ:

« 2010年をふり返ってみた | トップページ | 1月の戦い(2011年) »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ