« 12月山科会(2013年) | トップページ | 12月赤磐会(2013年) »

12月倉敷ゲーマーズギーク(2013年)

 筆者にとって山科会に関わった方々が山科会だけでなく色々なところでゲームライフを充実させていただくのを見るのは非常に嬉しく。人材、頭数の面から首都圏と比べると1/10と言われる関西圏とその隣接地域ではやはり人の交流って言うのは大事だし、多少は流動的であった方がいいのではないかなと考えている。
 と言うわけで山科会に来て下さっている方々の中でTOROさんは岡山からわざわざ来られる逸材で、ブログ更新度では日本一二を争う方ではないかな。またストライクゾーンもかなり広くユーティリティープレーヤーなので知り合った方々はみんなプレイしたがるというウォーゲーマー人徳抜群の方なのだ。
 そんな氏が地元でソロプレイでも良いから場所取っちゃった。ゲーム会するよって言うアナウンスがあった。それを聞いて出陣せずには居られなくなった。と言うわけで観光がてら倉敷まで出かけて行くことにした。
 さて倉敷ゲーマーズギーク(倉敷GG)は基本赤磐会のメンバーが中心となっているサークルで、筆者も前回赤磐会で交流が始まった方々が多い。そこへ国際通信社の中黒さん、松山六角会のセンパーさん、東京からはソフィアゲームクラブのHAさんがお越しになって一気に華やかな雰囲気になった!
 筆者は電車でおっちら移動していたので昼頃の到着して皆さんに合流。今回の目的はゲームはそこそこに松山六角会からセンパーさんも来られていることだし四国勢との交流糸口になればと言うのと、コアメンバーの赤磐メンバーと次回の赤磐会でのプレイ動向とかの探りを入れるためだった。
 現地に到着すると中々大きな建物の奥にてドア越しにダイスが転がる音と、静かではあるが「おお!」とか「うわ!」とかの声が聞こえる。勢いよくドアを開けると見慣れた顔の方々が多数居られ既にゲーム会は活況を迎えていていた。

 手前ではイリヤックさんちゃいさんのDOWN TOWN(GMT)講習会が開かれており、概念が難解な本作を航空作戦と作戦級ゲーム、システムとしての落とし方、魅力などが語られていて横で聞いている私もおお~!となった。
 関西を含め西日本ではあんまりプレイしているよという報告があがってこないけど山科会を含めたクラブインペリアルでは数度プレイされているのでこの辺の交流含めてプレイできるようになればいいですねと言う話に落ち着いた。

 その隣では会の主催者であるTOROさんと中黒さんによるアヴァロンヒルのミッドウェイがプレイされていた。筆者が産まれる前のゲームなのでその存在はカタログ上では知りこそすれ、実物は見たことがなく更にはそれをプレイしている風景も初めてであったので非常に興味深かった。スクエアボード、赤と青のカウンターカラーなどが時代を感じさせます。

 こちらは松山六角会のセンパーさんとソフィアのHAさんによる吾妻鏡です。センパーさんはHAさん、TOROさん、中黒さんとは松山六角会で一緒だったこともあって今回の倉敷の会にも参加して下さりました。
 SLGamer誌の本作は太平記システムを簡易にしたとは言え中々プレイアブルにそぎ落とされた好ゲーム。テーマ的には西日本視点から言うとあまり見慣れないテーマなので目新しいです(これは将門記も同じ)。

 またその後にはTOROさんセンパーさんによるビクトリーアットシー(中黒さんアドバイザー)もプレイされていました。そう言えば本作は以前プレイしてからだいぶんプレイしていないです。最近プレイイしているのをちょくちょく見るのでまたプレイしてみようかなあ。いや必ずカモられるような気が。

 さらにはコマンド新作のコーラルシーがプレイされていました。本作は視点が面白くってお勧めです。
プレイは日本軍がポートモレスビーを落とすかも?てな感じでした。


激闘川中島!!
 さて私はイリヤックさんとちゃいさんのプレイを見ていようかと思っていたのですが川中島をちょろっとプレイしてみました。久しぶりだったのでルール間違えたりしていましたがえらい盛り上がりました。
 

 最終的にはちゃんとしたルールでプレイしてちゃいさんの上杉謙信が深追いしすぎて討ち取られるという事態になりましたが、ちゃいさんは結構この作品を気にいったみたいです。プレイに困った時にササッとプレイできる作品ていうのはありがたいですね。


 今回は初回のゲーム会と言うことでお祭り騒ぎ目的のところもあったけど非常に初回にしては成功したんではないでしょうか。これから近隣のウォーゲーマーが参加するようになると面白くなりますね。
 さて今回も山科会などと同じく倉敷ゲーマーズギークのゲーム会後には打ち上げと称した飲み会があって、全員倉敷のネオン街に消えていったのでした。
 その場所で判明したのでセンパーさんを含め46年度生まれが多くて46年会を立ち上げんのもよくね?ってな話になってセンパーさんがその隊長に就任されました。
 あと何だかエンジニア比率が高かったのが印象的でしたW

« 12月山科会(2013年) | トップページ | 12月赤磐会(2013年) »

2_WW2太平洋」カテゴリの記事

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4103/59187787

この記事へのトラックバック一覧です: 12月倉敷ゲーマーズギーク(2013年):

» GO FOR BROKE!…何もかも初めて尽くし〜第1回倉敷ゲームギークス開催!(2013/12/22) [TROOPERS]
写真はこちらでどぞ。 Troopers Depo:2013/12/22 KGG ※写真をクリックするとスライドショーで見ることができます。 さて、またまた周回遅れ以上の前のゲーム会の記録。 昨年末に初めて ...... [続きを読む]

« 12月山科会(2013年) | トップページ | 12月赤磐会(2013年) »

フォト

読書

  • ぐちーずの最近読んだ本

他のアカウント

Facebook Other Skype Twitter Yahoo!
無料ブログはココログ